S男性向け記事

時間・労力・費用の浪費を防ぐ方法

投稿日:2020年4月15日 更新日:

私は会社員時代に企画系の部署にいたことがあります。
そこの部署の主な仕事は「関連会社の管理」でした。

その部署での主な仕事は…

・子会社の収益管理
・企業の買収
・不採算子会社の整理統合

というモノでした。

その時の上司によく言われたことが
「買収とは時間と労力をお金で買うことだ」
ということです。

タイトルの「時間・労力・費用の浪費を防ぐ方法」とは
買収することなのです。

『買う』方が得なことが多い

「会社を買収する」という言葉のイメージは
「大金が掛かる」というものかもしれません。
ですが、実際はその真逆です。

会社を買収するということは、
その会社が時間と労力と費用を掛けて蓄積してきたノウハウを
お金を払って手に入れることなのです。

自分の会社が新規でその事業に新規参入したならば
同じだけのノウハウを蓄積して
同じくらいの業界内での市場を獲得するためには
膨大な時間と労力と費用を必要とします。
後発企業であれば先に業界内で市場を得ている企業の
何倍も必要となるでしょう。

その時間と労力と費用を抑えて、
ノウハウと市場をお金で買うことが買収なのです。

M女性との出逢いでも同じこと

これはM女性との出逢いでも同じことが言えます。
私の場合で言えば…

・M女性と出逢うためにたくさんのアプローチをした。
・M女性を口説くために食事代やデート代にお金を掛けた。
・M女性の悩み相談などで振り回された。

等々の時間と労力を費用を費やしてきました。
その中では数多くの失敗も積み重ねてきました。

・調教した女性の数の何倍もの多くの女性にフラれた。
・食事やデートにお金を掛けたのに逃げられた。
・相談されて親身になって答えたのにブロックされた。

等々、時間と労力と費用の浪費も相当ありました。

調教した女性の数が数十人だとすると、
私がフラれた女性の数はその数倍の数百人になります。
その女性達と食事に行った金額だけを換算しても
裕に百万円単位でのお金を浪費しています。

更に、女性を口説こうとアプローチのメールをしたり
仲良くなった女性の相談を受けたり、
実際に逢ってデートしたりしても
結局、主従関係に至らなかった女性もいます。
これに掛けた時間も相当なモノで
時給換算にすると食事代以上の浪費です。

また、私も情報商材が流行はじめの頃に
積極的に購入していました。
ですが、その内容は玉石混淆でした。
役に立つものもあれば、それほどでも無いものもありました。
そういう失敗と浪費も経験しています。

時間・労力・費用の浪費を防ぐために

そういった経験に基づいて
【M嬢奴隷の作り方】
【M嬢奴隷の育て方】
を書いています。

ここでは私の経験で蓄積した内容を書いてあります。
これを読んでいただければ私が経験したような浪費は
相当防げるのでは無いかと考えています。

逆に、これを読むのと同じ経験して覚えようとするなら
数百万円単位の浪費を覚悟しなければならないでしょう。
その数百万円の浪費と
【M嬢奴隷の作り方】【M嬢奴隷の育て方】の数千円単位の出費
どちらがお得か、賢い読者さんなら簡単にお気付きになれると思います。

賢く買って無駄を省く

お金の使い方は自己責任ですし自由です。
ご自身で挑戦して、結果として浪費になってしまうのも自己責任で自由です。
ノウハウをお金で買って効率化するのも自己責任で自由です。
それはご自分の判断で行動してみて下さい。

今をときめくIT企業は投資と買収で拡大してきました。
ソ○トバンクしかり、楽○しかり。
効率的に投資して時間と労力と金銭の浪費を防ぎ
蓄積されたノウハウを上手く取り込んで
市場を獲得し自社の成長につなげてきました。

みなさんも企業を買収して成長戦略につなげるつもりで
ご自身に投資することでノウハウを覚え
無駄な浪費を抑えて成長につなげて下さい。

M嬢奴隷の作り方



私がM女性を「これまでどのように口説き隷属化させてきたか」を詳しく解説しています。
出逢いを求め得るS男性向けの実践法です。
M嬢奴隷の育て方



私がこれまでM女性を「調教し、躾け、飼育してきた」手法を詳しく解説しています。
M女性を調教してみたいS男性向けの記事です。

-S男性向け記事
-, , , , , , , , ,

Copyright© M嬢奴隷調教 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.