雑記帳

「信者」と書いて『儲(もう)かる』と読む

投稿日:2020年4月23日 更新日:

私が会社員時代に営業担当者の研修で言われたことです。

「商品を売る前にまず自分を売り込みましょう。
 そして自分を信じてもらいましょう。
 お客様が信じてくれれば、推奨したものを買ってくれます。
 お客様が信者になってくれれば儲かるのです」

なるほど、納得の言葉でした。

私も会社員時代に長く担当したお客様がいました。
仕事でも長くお付き合いした客先でしたが、
そこの担当者とは気が合って仲良くなり
定期的に飲みに行ったり遊びにいったりする仲でした。

そこまで人間関係が出来上がってくると
もう商品説明や企画書・提案書なども必要なくなり
「君が紹介してくれた商品なら間違いないだろう」
と、いつも簡単に購入を決めてくれました。

そんな人間関係があったおかげで、
私はそのお客様の売上を順調に伸ばすことができ
会社での評価にもつながりました。

その時に冒頭の言葉を思い出しました。

これはこうした商売だけでなく
すべての人間関係に繋がるように感じています。

会社を辞めて独立した後も同じ考えを持って
「まず自分を信用してもらう」
ことを心がけて仕事をしています。

そのおかげで順調にクライアントさんを増やし
着実に収入にもつなげてきました。
それはお客様が私を「信じるに値する人間だ」と
感じてくれているからだと感じています。
まさに、こうした「信者」のおかげで「儲かる」ということです。

また、副業でアフィリエイトもしていますが、
ブログやサイトで日々自分の調教体験や
女性とのお付き合いの内容や画像などを
詳細に情報発信しています。

こうした情報に基づいて、
「この人は本当にM女性と出逢っている」
と判断して信じて下さっている方が購入してくれています。

薄っぺらいbioや優雅そうな雰囲気の画像や動画で
信用して購入する人は単なる情弱でしかありません。
ましてや、まったく面識のない相手から
「儲かりまっせ」なんてDMを送られても
「いやいや、私は君の信者じゃないからwww」
と苦笑してしまいます。

本当に販売したければ…
「信じるに値する情報の発信」
が必要だと感じています。

SMのお相手も同じことだと思います。

自分がどんな人間で、どんな技量を持っていて、
どんな嗜好があって、どんな関係性を結ぶか…。
そんなことを情報発信して、女性がそれを信じて
その上で関係性が築かれると思います。

いきなり上から目線で…
「お前を奴隷にしてやる」
なんてDMを送っても
「はぁ?あんた何様よ?」
と軽蔑と嘲笑を受けるだけだと思います。
それは見知らぬ信用できない人から
怪しい儲け話の連絡をもらうことと同じです。

まずは自分を信用してもらうことです。
信者になってくれればお相手は従ってくれます。

いかにも「身体目当て」「金目当て」と思われないよう
自分を信用してもらうよう心掛けたいと思います。

M嬢奴隷の作り方



私がM女性を「これまでどのように口説き隷属化させてきたか」を詳しく解説しています。
出逢いを求め得るS男性向けの実践法です。
M嬢奴隷の育て方



私がこれまでM女性を「調教し、躾け、飼育してきた」手法を詳しく解説しています。
M女性を調教してみたいS男性向けの記事です。
最新情報自動更新バナー
アダルトグッズ専門ネットショップ【NLS】
女性も安心して購入できる品揃え豊富なアダルト専門ネットショップ。
SMグッズも多数ありSM愛好者にもおすすめです。
海外 SMグッズ 通信販売 専門店 tarantula(タランチュラ)
海外SMグッズ通信販売専門店 tarantula(タランチュラ)
初心者から上級者まで対応できるSMグッズ専門のネットショップ。
本場の欧米から輸入の本格的なグッズも豊富でおすすめです。

-雑記帳
-, , , , , , , ,

Copyright© M嬢奴隷調教 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.