M女性向け記事

思い込む男

投稿日:

以前、私のネット上のM女性の友人に起こった事象について今回は記事にしてみたいと思います。

M女性が何とも思っていない男性が勝手に自分のことを…
『彼氏』
『ご主人様』

と思い込み、アリエナイ言動を女性に対してとることがあります。
そんな実例を書いてみます。

M女性のみなさまは、注意喚起のケーススタディとしてご覧いただけましたら幸いです。

記念日の男

ある日、Aさん(仮名)のところにDMが届きました。
紳士的な文面で差し障りの無い無難な内容のDMで彼女も好感を持ちました。
正直、無礼なエセSからのDMに懲りていたAさんは、好感もあってこの男性にお返事しました。

すると次回のDMから「いつ会おうか?」のオンパレード。
あまりにしつこくてAさんは怖くなり、返事をしないでいました。
すると「○月○日××で待っているよ」というDMがとどきました。

Aさんは「いやいや、行く気はないですから…」とDMすると
「彼氏の俺が都合を合わせてるのにナゼ来ないの?」とか
「毎月○日は2人の付き合いだした記念日じゃない」とか
「来月の記念日は〇〇っていうお店を予約しておくから」とか
勝手に付き合ってるコトになっているメッセが連日届きます。

とうとうAさんは恐ろしくなって彼をブロックしたそうです。

デマ拡散男

Bさんは当時のパートナーのことでいろいろと悩んでいました。
その悩みをある男性(C氏)に相談していました。
その男性は彼女の悩みを解決すべく、ツイートにして意見を募りました。

そのツイートに別の男性(D氏)から『俺もBから同じ相談を受けている!』とリプライが書き込まれました。
そのツイートを書いたC氏も「????」と思ったらしく、D氏に真意を問うべく内容確認のDMを送ってみました。

で、D氏からC氏に返ってきたDMの返信は…
「俺、Bと付き合ってるから、勝手にBと相談しないでくれませんか」
と書かれていました。

C氏は驚いてBさんに確認したところ、事実無根と判明!
彼は方々で「俺、Bと付き合ってる」と豪語していたそうです。

BさんもC氏もD氏を即ブロック。
その上で、Bさんは…
「私はD氏とはお付き合いしていませんし、ご主人様もいます」
「D氏の言うことは信じないでください」

とツイートすると、D氏は間もなくアカウントを消してSM界隈から去っていきました。

幹事希望の男

ある男性(E氏)がネット上の友人M女性のFさんためのパーティーを企画したときのこと。

共通のコミュニティーの中にパーティーを実施するためのトピを立て
参加者を募ったところ、ある男性(G氏)からE氏に怒りのDMが…
「お前、Fの何様だよ!付き合ってるのか!本来なら彼氏である俺が幹事をやるべきだろうが!」

E氏も「Fさんの希望に応えて幹事を請け負った」だけで、特段の恋愛感情はありませんでした。
ですが、なぜかG氏から誤解を受けて攻撃を受けることになってしまいました。

しかも、G氏は…
「俺が付き合ってるFに、Eがちょっかい出した」
とコミュニティー内の全員にDMを送りつけていました。

最終的に、Fさんが「私はG氏とは付き合っていない」と事実を暴露したので問題は解決。
その後、G氏はアカウントを消して退会。
後日、無事にFさんを囲む会は和やかに開かれました
メデタシ、メデタシ…。。。

SM論を語る男

Hさんのツイートにある男性(I氏)からリプライがありました。
その後も、HさんがツイートするたびにI氏から好意的なリプライが続きました。

ある日、Hさんが彼女自身の「SMに対する考え」を書いたところ、I氏から突然DMが送られてきました。

そのDMはI氏のSMに対する考え方が長々と書かれており、Hさんの考えをイチイチ否定していました。

Hさんは「考え方が違いますね」とメッセを送り返すと、
I氏からはブチギレた返信が送られてきました。
「そんなコトで俺の奴隷になれると思っているのか!
 俺の飼っている奴隷は全員俺の言うことを理解して心服しているぞ!
 お前は俺の奴隷のくせにいつからそんな反論出来るほど偉くなった!」

というDMが届きました。

「いやいや…私、あなたの奴隷でも何でもないんですけど…」
Hさんはドッと疲れが出て、即ブロックしたそうです。

まとめ

こうやって書くと笑い話ですが…
その場の当事者である女性ご本人は相当怖いと思います。

世の中思い込みの激しい男っているんだなぁ…と実感です。
こういう輩がストーカーになってしまのでしょう。
(以前の「S男ストーカーに注意」もご参照下さい。)

M女性向けコラム
S男ストーカーに注意
S男がストーカーになるとM女性は暴力的な被害も多く加虐嗜好を持つ男性ほど暴力に繋がりやすいと感じています。

M女性のみなさんもそんな「思い込み激しい男」の体験談があったらコメントなどに書き込んでいただけると光栄です。
M女性のみなさまの「危険防止のためのケーススタディ」にして教訓にしたいと思います。

-M女性向け記事
-, , , , , , , , , , , ,

Copyright© M嬢奴隷調教 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.