S男性向け記事

SM版MMT

投稿日:2021年2月3日 更新日:

読者諸兄は「Modern Monetary Theory (現代貨幣理論 以下「経済版MMT」)」をご存知だと思います。

経済版MMTとは簡単に言うと…
「変動相場制で自国通貨を発行する国は、いくらでも紙幣を印刷できるのだから、財政赤字や国債残高にとらわれることなく財政出動すればよい」
というような理論です。

私は元々「リフレ派」的な考えで、2%程度の緩やかなインフレが起こるよう財政出動や金融緩和をすることが望ましいと考えています。
ですが、無制限に国債を発行して財政出動する経済版MMTの考え方は「ちょっとやりすぎ」という印象を持っています。

まあ、そんな堅苦しい経済理論は別にして、今日はこの経済版MMTを応用した考えをSM界隈に提言してみたいと思います。
名付けて「Masochist Mass supply Theory(マゾヒスト大量供給理論 以下「SM版MMT」)」です。

読者諸兄も笑い話としてご覧いただけましたら幸いです。

S男デフレ

昨今、ネット上のSM界隈でのS男性とM女性の比率は、M女性が非情に少なくS男性が余っている状態です。
そのために、日々ツイッターなどのSNSやSM掲示板では、「S男性からのM女性の募集」が大量に氾濫しています。

以前、こちらの記事にも書いた通り、M女性は危険を伴うため慎重な女性が多く、積極的に活動している人は元々少数です。

M嬢奴隷の育て方
【M嬢奴隷の育て方】北風と太陽
【単独DL購入(¥200)】北風と太陽
童話『北風と太陽』とSMの主従関係を考えながら、注意点や危険回避について書いた記事です。

また、SMが間違った理解をされて浸透してしまったことで、勘違いをしている人が自身をSと称してSM界隈に大量に流入してきました。
その影響で『人罪』と呼ばれるような存在も増え、更にS男性の人口が激増しM女性との比率が崩れることになりました。

S男性向け記事
【S男性向け】人罪排出
「人材輩出」ではなく「人罪排出」について書いた記事です。

これらにより、S男性の相対的な価値が低下し、「S男デフレ」の状態に陥っていると言えます。

デフレスパイラル

このような「S男デフレ」状態の中で、更にデフレスパイラルも生じています。

多数のS男性が少数のM女性を奪い合う。

能力や経験の高いS男性にM女性が集まり、S男性内での格差が拡大する。

パートナーを作れないS男性が新規でSM界隈に入ってきたM女性に殺到する。

能力や経験が低いS男性が間違った絡み方をしてM女性がSM界隈から去る。

M女性が減少し、S男性が更に溢れ、S男デフレが加速する。

こうしてあぶれたS男性は心がすさみ、更に暴虐な行動に出てしまうこともあります。
女性を奪い合うことで争いも増え、ギスギスした環境に陥ります。
そうするとSM界隈も環境も悪化し、更に新規のM女性の参入が遠のいてしまいます。

まさに、「貨幣の供給不足による不況で殺伐とした社会になる」という「悪夢の民〇党時代」のような状況に陥ります。

インフレターゲット

では、こうしたS男デフレによるスパイラルをどのように克服すればよいか。
経済学の造詣が深い諸兄ならすぐにおわかりになると思います。

その対処法は経済学と同じで
「インフレターゲットを設定し、デフレを克服する」
という対策をとればいいのです。

経済学的なインフレターゲットの手法は、国が国債を発行して財政出動し、これに合わせて中央銀行が貨幣を大量に供給する。
貨幣という燃料を大量に市場に抽入して、経済のエンジンをフルスロットルで回す。
そうして物価を緩やかに上昇させてインフレ局面を作り消費を喚起する。
これがデフレを克服するためのインフレターゲットです。

こうして景気が好転すれば困窮する人も減り社会が安定します。
「金持ちケンカせず」とはよく言ったもので、経済的に安心感があると心にも余裕が生まれ、諍いや社会不安なども減ってきます。
誰もが平和で安心して暮らせる環境は、こうした「景気」による要因が大きいと考えています。
そのために、貨幣供給物価の緩やかな上昇は必要なことだと言えるのです。

では、これをSM界隈に当てはめて考えるとどうなるでしょうか。

現状では圧倒的なS男デフレであり、デフレスパイラル状態です。
この解消をするにはM女性(=Masochist)大量供給(=Mass supply)が必要となります。
経済版MMT同様が「貨幣を大量に市場に抽入して景気浮揚を図る」のと同じように、SM界隈にも「M女性を大量に供給してS男性との均衡を図る」ようにする必要があると考えます。

少ないものを奪い合うから争いが起こり不安な状態になるのです。
M女性が大量に安定供給さえるようになれば、殺伐とした諍いや奪い合いは減少していくでしょう。
「金持ちケンカせず」で、自然と平和で安定したSM界隈が醸成されると考えるのです。

このように「大量のM女性が供給されればSM界隈は平和になる」という考え方を、私は個人的に「マゾヒスト大量供給理論(=Masochist Mass supply Theory)」と呼んでいます。

大量供給の実践のために

では、どのようにM女性を大量供給すればいいのでしょうか。
貨幣は流通量を政府と中央銀行でコントロールできますが、SM界隈ではM女性の人数を誰もコントロールできません。
ですので、心あるS男性諸兄の行動如何に関わってくると考えています。

まず、「参入障壁を取り除く」ことです。
以前、こちらの記事にも書きましたが、「自分自身をMだ」と考えている女性は7割以上います。

M嬢奴隷の作り方
【M嬢奴隷の作り方】女性にMが多い理由
【単独DL購入(¥200)】女性にMが多い理由
「なぜ女性には圧倒的にMが多いのか」という仕組みを理解して調教に役立てるように書いた記事です。

ですが、「興味はあるけど実際にSMをするのは怖い」と考えている女性がほとんどです。
こうした女性が勇気をもってSM界隈に入りM女性として活動を始めるのです。
そういう女性を温かく迎え優しく接するようにしましょう。

新しくSM界隈に参入してきたM女性が…
「SM界隈は楽しい」
「素敵なS男性がたくさん」
「優しくて親切で居心地がいい」

と感じてもらえるように楽しく優しく紳士的に接するようにしましょう。
そうすることで、1人でも多くのM女性がSM界隈で活動を続け、パートナーが見つかるように応援しましょう。

また、『人罪』になるような男性を排除することも重要だと考えています。
不躾で横柄で横暴な男性に絡まれているM女性を見たら、助け舟を出すことも必要です。
更に、そういう行動をしている男性を啓蒙して、言動を改めてもらう活動も必要だと考えています。

次に、「フォローアップ」をすることです。
よくご主人様とお別れしたM女性が「もうSMは辞めます」なんて言ってSM界隈から去って行ってしまうことがあります。
大変もったいないことだと思います。

こうしたことを避けるためにも、ご主人様に失礼のない範囲でM女性とコミュニケーションを取っておくことも効果的です。
そうすれば、女性のお悩みの相談も出来ますし、お別れした後にSM界隈を去らないよう引き留められる可能性もあります。

更に、そのM女性といい関係が築けていたならば、その女性をリザーブとして登用することもできるのです。

スタンダード記事
【スタンダード】リザーブ
FUNBOXご支援いただき、パスワードを確認してご覧下さい。
スポーツで「リザーブ選手」が充実しているチームは強いと感じます。これはM女性との出逢いでも同じだと感じています。

まとめ

現在のSM界隈では、M女性が非情に少なくS男性が余っている「S男デフレ」の状態にあると言えます。
この状態で、S男性間の能力や経験によって格差が更に広がり、デフレスパイラルが進行しつつあります。
このS男デフレによる需給のアンバランスが、殺伐とした諍いや女性の奪い合いを生じさせていると考えています。

デフレスパイラルを打開するためには経済版MMTのように「政府と中央銀行が貨幣を市場に大量投入して緩やかなインフレを起こす」ことが望ましいと考えています。
これと同様に、SM界隈のS男デフレを解消するためには「M女性を大量供給する」必要があると考えています。

このような「大量のM女性が供給されればSM界隈は平和になる」という考え方を、私は個人的に「マゾヒスト大量供給理論(=Masochist Mass supply Theory)」と呼んでいます。

では、このSM版MMTを実践するために、M女性を大量に供給するのはどうすればいいか。
そのためには、まず参入障壁をなくし、M女性が新規で参入しやすい環境を作ることが大切だと考えています。
その上で、女性の居心地がいいSM界隈を作ることも必要だと考えています。
更に、女性がSM界隈から去りがたいような人間関係も構築しておくことで、M女性の人口が減らないよう努めることも大切だと考えています。

私もたくさんの男性がM女性とお付き合いして欲しいと考えています。
たくさんのM女性がSM界隈にいれば、誰もがパートナーを作って幸せに暮らせるし、SM界隈も平和になると思います。
そのために「M嬢奴隷の作り方」などの情報発信もしています。

M嬢奴隷の作り方



私がM女性を「これまでどのように口説き隷属化させてきたか」を詳しく解説しています。
出逢いを求め得るS男性向けの実践法です。

今日の記事が少しでもS男性諸兄のお役に立てましたら幸いです。

-S男性向け記事
-, , , , , , , , , , ,

Copyright© M嬢奴隷調教 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.