S男性向け記事

打診するから成功につながる

投稿日:2022年4月5日 更新日:

以前に「出会いも統計学で考える」という記事を書いたことがあります。

S男性向けコラム
【S男性向けコラム】出会いも統計学で考える
実社会で最も有用な「統計学」の考え方をネット上の出逢いに当てはめて説明した記事です。

端的に言うと…
「何人の女性とSEXできたか(成功数)=ヒットレシオ(打率)×試行回数(声を掛けた女性の人数)」
ということになります。
つまり、成功数を上げるためには打率と人数を増やせばいいということになるのです。

初心者ほど打率は低いのですから、成功するためには人数を増やせばいいということになります。
また、どんなにイケメンで外見がよく性格のいい男性だとしても、SEXを打診数が0のままならば、当然成功数は0になってしまいます。

ですので、女性にSEXの打診をすることこそが成功するための初歩中の初歩なのです。
私もそれを心得て、日々、一定人数の女性にアプローチして仲良くなり、SEXを打診するようにしています。
それがあって初めて、複数の女性を多頭飼いを楽しみながら、SEXする相手に困らない環境を作っています。

そんなことを考えていたら、 ナンパ界隈の歴戦のツワモノたちも同じような発信をしていました。
以下に掲載しますので、読者諸兄もご参考にしていただけましたら幸いです。

嫌かどうかは結局相手が判断します

https://twitter.com/pairs_tinder/status/1430175297001885707

私のような50代のオッサンでも処女卒業の依頼はきます。
そのためには普段から諦めずにアプローチし続けることが大切だと感じます。
その上でSEX打診すれば「卒業したい」と思っている女性はすんなり相手として選んでもらえます。
私はそんな手法で10人以上卒業させました。

SEXは男が誘わないと始まらない

多くの場合、行動力があり臆面もなくSEX打診できる少数の男が大多数の女性とSEXしています。
打診することができない大多数の男は指を咥えて女性が攫われるのを見ているだけです。
なので、普通の男性でも「SEXを打診できる男」になれば少数派の勝ち組の仲間に入れます。

たとえそこで断られたとしても、何も失うものはありません。
(詳しくは「失恋のススメ」をご参照下さい。)

S男性向けコラム
【S男性向けコラム】失恋のススメ
「女性との出逢いで失恋が一番効果的」と考える理由と考え方と効果について記事にしてみました。

声かけてみんと分からん

声かけした自分に対して、どんな女性が反応してくるかは「声を掛けてみないとわからない」のが実情です。
逆に、反応してくれた人が「自分に合っている人」だと考えるようにしています。
それに私は50代のオッサンで条件が悪いので、母数を増やすことでSEX出来る人数を増やすよう心掛けています。
実践こそが成果につながる最前の秘訣です。

出会いが無いって嘆いている人ほど

嘆く時間があるならサッサとアプリをインストールしてイイネを連打していた方が可能性が広がります。
嘆くだけでは可能性はゼロ。
インストールして行動すればゼロからは脱出できます。
多くの男性はゼロのままですから、早く抜け出して欲しいです。
早くしないと魅力的な女性ほどヤリチンクズ男たちに攫われて食い散らかされてしまいます。

打診しなければセックスなんて無理

SEXするために最も必要なことはコレに尽きます。
打診が出来れば「羞恥心」も「経験値」も「SEX実績」も大概のことは克服できます。
それが自信につながるので、必然的に自己成長と変化に繋がります。
ちょっとした勇気を出してヒトコト打診するだけで人生が変わります。
諸兄も打診で現状打破を目指しましょう!

まとめ

「何人の女性とSEXできたか(成功数)=ヒットレシオ(打率)×試行回数(声を掛けた女性の人数)」です。
つまり、成功数を上げるためには打率と人数を増やせばいいということです。

打率は低い初心者ほど打診する人数を増やせばいいのです。
また、どんなにいい男性だとしても、打診数が0ならば当然成功数は0になります。
読者諸兄も、女性にSEXの打診をすることこそが成功するための初歩中の初歩と心得て、積極的にSEXを打診していきましょう。

私もたくさんの男性がM女性とお付き合いして欲しいと考えています。
そのために「M嬢奴隷の作り方」などの情報発信もしています。

M嬢奴隷の作り方



私がM女性を「これまでどのように口説き隷属化させてきたか」を詳しく解説しています。
出逢いを求め得るS男性向けの実践法です。

今回の記事が少しでもS男性諸兄の出逢いのお役に立てましたら幸いです。

-S男性向け記事
-, , , , , , , ,

Copyright© M嬢奴隷調教 , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.