S男性向け記事

新たな主従にお祝い申し上げます!

投稿日:2021年3月10日 更新日:

今日の午後、仕事をしていたら、あるS男性(以下「A氏」とします。)から私のツイッターにDMが送られてきました。

A氏
A氏

犬飼さんの「M嬢奴隷の作り方」のおかげで、やっと私にも奴隷になってくれる女性が現れました。

おめでとうございます!!。
本当にお相手ができて本当によかったと思います。
これからのお二人の前途を祝し、末永いご多幸を祈念したいと思います。

実は、彼は「サンクコスト効果」で書いた「有償組10人のうち、お相手が見つかっていない3人のS男性」のうちの1人でした。

S男性向けコラム
【S男性向けコラム】サンクコスト効果
サンクコスト(事業や行為に投下したコストのうち撤退・縮小・中止をしても戻ってこないコスト)は恋愛でも効果があるということを記事にしました。

正直なところ、私は「A氏はパートナーを見つけるのは難しいだろう」と考えていました。
その理由について今日の記事に書いてみたいと思います。
A氏にとってはかなりの激辛記事になると思います。
一応、ご本人にも激辛な内容にはご了承を得ているので、安心して記事にしたいと思います(笑)

激辛な刺激がS男性諸兄のご参考になりましたら幸いです。

A氏からのDM

A氏もご多分に漏れず、毎日「奴隷募集」のツイートを発信していた男性でした。
そんな中、ある日、私のツイートが目に入ったそうです。
その時に「なんで犬飼っていう人は何人ものM女を奴隷にできるんだろう?」と思ってフォローしたそうです。

その上で、私のブログ「奴隷募集に反応がない4つの理由」を読んだそうです。

S男性向けコラム
【S男性向けコラム】「奴隷募集」に反応がない4つの理由
「奴隷募集」に反応がない理由を4つ書いてみました。

その上で更にブログ記事の「M女性のパートナーができておめでとうございます」を読んで「M嬢奴隷の作り方」に興味を持ったとのことでした。

S男性向けコラム
【S男性向けコラム】M女性のパートナーができておめでとうございます!
知人S男性がM女性パートナーと出逢ったことで改めて感じた「出逢いで一番大切なこと」について書きました。

そこで、A氏は私にDMを送ってきました。

A氏
A氏

犬飼さん、こんにちは。はじめまして。
犬飼さんの有料記事を買って読んだら私にも奴隷ができますか?

単刀直入なお問い合わせだったので、私も正直に思うところを書いて返信しました。

こんにちは。DMありがとうございます。
私の有料記事は「必ずお相手が作れる」という結果を確約するものではありません
あくまでも「私はこういう方法でM女性を隷属させています」という内容です。
ですので、ご購入いただいても絶対にお相手ができるとは言い切れません。
また、ご購入いただいても、実践しなければ結果には繋がりません。
ご購入いただいた場合はサポートは致しますが、お相手ができるかどうかは貴方様次第です。

犬飼
犬飼

A氏は私の返信を読んで、正直なところ「拍子抜けした」と言っていました。
なぜなら、普通の情報商材の場合「絶対に女性をゲットできる」「簡単にSEXできる」と返事が来るのが普通だったからです。
そうした「絶対に~」「簡単に~」という情報商材ほど怪しいと知っていたA氏は、かえって「正直で信用できるかも」と思ったようでした。
その後、数日迷ったようでしたが、結局A市は「M嬢奴隷の作り方」を購入したようでした。

M嬢奴隷の作り方



私がM女性を「これまでどのように口説き隷属化させてきたか」を詳しく解説しています。
出逢いを求め得るS男性向けの実践法です。

購入後のA氏

さて、A氏は「M嬢奴隷の作り方」を購入したのですが、その後、一向に書かれている内容を実践していませんでした。
私は「せっかく大金を払って購入したのになぜやらないのだろう?」と思い、A氏にDMを送ってみました。

せっかく「M嬢奴隷の作り方」を購入したのに実践されないのですか?

犬飼
犬飼

すると、A氏からはこんな返信が返ってきました。

A氏
A氏

今は忙しくてできない。
あと、書いてあることが細かすぎて面倒くさい
それに、内容も当たり前すぎて効果があるのか疑問。

A氏はそうは言いつつ、相も変わらず毎日のように反応のない「奴隷募集」のツイートを発信し続けています
私にしてみれば…
・その無駄な奴隷募集の時間をやめれば時間ができますよ。
・面倒くさがって現状維持を続けていたら今まで通りで結果は変わりませんよ。
・その当たり前のことができないから相手ができないんですよ。

と思ってしまいます。

私はそう思いつつも「本人がそれでいいなら…」と考えて、それ以上A氏にアドバイスすることは止めました。

突然のモチベーションアップ

そんな状態のまま数か月が経ったある日、突然A氏からDMが送られてきました。

A氏
A氏

今日の「サンクコスト効果」っていう記事の内容は本当ですか?
購入した記事に書いてあるあんな面倒くさいことをやった人って本当にいるんですか?

はい、本当ですよ。彼は丁寧に書かれた通りに挑戦してくれました。
他にも記事に書いた通り、購入して下さった10人中の7人がこの手法でパートナーを見つけています。
それに、何より私自身がこの手法でたくさんのM女性と主従関係を結んでいます。
その事実はブログホームページをご覧いただければお判りいただけると思います。

犬飼
犬飼
A氏
A氏

そうなんですね…
あんな面倒くさくて当たり前のことをやるだけで相手がみつかるんですね。

もし、貴方様が「面倒くさくて当たり前のこと」と思っているなら、現在お相手がいない貴方様は「当たり前のことが面倒くさくてできていない」ということですよ。
当たり前のことができない男性を女性は尊敬してご主人様と敬ってはくれません。
貴方様が「当たり前のこと」だと思うなら、面倒くさがらずに挑戦してみてはいかがですか?
今のままでは永遠に「当たり前のことができない男性」になっていまいますよ。

犬飼
犬飼
A氏
A氏

わかりました。じゃあ、やってみます。

彼はそう言って、「M嬢奴隷の作り方」に書かれた手法に挑戦してみることにしました。

すると、M女性からリアクションが得られるようになりました。
女性から反応があると、彼も自然とモチベーションが上がり、更にアプローチも上達してきました。
また、女性からのリアクションで困ったときや迷ったときは私にDMしてきて相談してくれました。
そうこうするうちに、あっという間にA氏のフォロワー数も増えました。

そして、2ヶ月を経ずして、本日の「奴隷になってくれる女性が現れました」という結果に繋がりました。

ノウハウコレクターにならない

世の中には「ノウハウコレクター」と呼ばれる人たちがいます。
「知識や手法ばかりを集めて実践しない人」のことです。
本でも情報商材でも、せっかく得た知識があるのに使わなければもったいないと思います。
それでは「宝の持ち腐れ」なのです。

しかも、こうしたノウハウを実践しない理由が…
・面倒くさい
・当たり前すぎて信用できない

なんていう愚にもつかないような理由です。
こんなことでせっかくのノウハウを持ち腐れにしていたら本当にもったいないと感じます。

昨日の記事にも書きましたが…
『狂気とは即ち、同じことを繰り返しながら、違う結果を望むことである』
ということなのです。

S男性向けコラム
【S男性向けコラム】狂気とは即ち…
結果が出ない手法に固執し続けても、永遠に望むような結果にはつながらないということを書いた記事です。

今まで「パートナーを得られなかった」という結果であるなら、違う手法に変えなければ違う結果は得られないのです。
そうであれば、せっかくあるノウハウを活用して、新しい手法に挑戦し、新しい結果につなげることが合理的だと考えます。

まとめ

本日、新たに「M嬢奴隷の作り方」の購入者様がパートナーと主従関係を結ばれたとのご報告をいただきました。
おめでとうございます。
お二人の前途を祝し、末永いご多幸をお祈り申し上げます。

このA氏はせっかく「M嬢奴隷の作り方」を購入したにも関わらず…
・現状踏襲の「奴隷募集」を優先
・新しい手法は面倒くさい
・手法が当たり前すぎて効果が疑問

と考えて実践していませんでした。

ですが、他の男性が「この手法でお相手を作った」という記事を読んで、実践してみることにしました。
すると、2カ月を経ずしてパートナーを作ることができました

A氏のように、せっかく知識や手法を知っても実践しなければノウハウコレクターです。
どれだけノウハウばかりを知っても実践しなければ結果には繋がりません。
また、せっかく新しいノウハウを知りながら、結果が出ない手法に固執し続けても結果にはつながりません。

せっかく身に付けたノウハウを「宝の持ち腐れ」にしないように、積極的に実践して有効活用することをお勧めします。

今後、A氏は【M嬢奴隷の育て方】を購入して、パートナーさんの調教に活用していくと仰っていました。

M嬢奴隷の育て方



私がこれまでM女性を「調教し、躾け、飼育してきた」手法を詳しく解説しています。
M女性を調教してみたいS男性向けの記事です。

今後、お二人が幸せなSMライフを送れるように私も応援していきたいと思います。
私のこうした発信が、S男性諸兄のお役に立てましたら幸いです。

-S男性向け記事
-, , , , , , , , , ,

Copyright© M嬢奴隷調教 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.