S男性向け記事

『チーズはどこに消えた』

投稿日:2021年3月22日 更新日:

今日はちょっと思うところがあったので以前読んだ本について記事にしてみたいと思います。

本日ご紹介する本はスペンサー・ジョンソン著『チーズはどこへ消えた』です。

ブログ読者諸兄も一度は読んだことがあるのではないでしょうか。
「今更そんな昔の本なんて」と思う方もおられるかもしれません。
そんな方も本日は少々お付き合いいただけましたら幸いです。

では、ネタバレありの書評について書いていこうと思います。

ある男性からのDM

先日、あるS男性(以下「A氏」とします)からこんなDMをいただきました。

A氏
A氏

私もSMパートナーが欲しくてツイッターで活動していますが、なかなか相手が作れません。
どうすればパートナーが作れますか?

私はその男性のアカウントを拝見しに行きました。
すると、案の定、私が繰り返し「やめたほうが良い」とお伝えしてきた奴隷募集を毎日のように続けていました。
(奴隷募集をやめた方がいいと思う理由は「奴隷募集に反応がない4つの理由」をご参照下さい。)

S男性向けコラム
【S男性向けコラム】「奴隷募集」に反応がない4つの理由
「奴隷募集」に反応がない理由を4つ書いてみました。

そこで、私はこのA氏のDMの返信を送ってみました。

以前、私はこちらの記事「奴隷募集は効果がないからやめた方がいい」と書いていますが、貴方様はなぜ毎日のように「奴隷募集」を続けているのですか?

犬飼
犬飼

すると、A氏からは以下のような回答が返ってきました。

A氏
A氏

毎日「奴隷募集」のツイートをすると裏アカ女子からDMが来るんです。
でも、毎回「もうちょっとで逢える」というところで返信が来なくなってしまうんです。
私も犬飼さんのように実際に逢ってみたいので、どうすればいいか教えて欲しいのです。

ということでした。

そこで、私はA氏に「M女性と出逢うための具体的な方法」をお伝えした上でDMを送りました。

スタンダード記事
【スタンダード】M女性と出逢うための具体的方法
FUNBOXご支援いただき、パスワードを確認してご覧下さい。
私が「M女性との出逢いのためにアドバイスした具体的な方法」について記事にしました。

私が実践している「M女性と出逢うための具体的な方法」は記事に書いてある通りです。
ですが、この手法は貴方様が実践している方法とは全く違います。
ですので、私のやっている手法を行うかどうかは、貴方様が「変われる勇気」を持てるかどうかです。
もし、現状でお相手が見つからず「困っている」のであれば、現状の手法を変えてみてはいかがでしょうか

犬飼
犬飼
S男性向けコラム
【S男性向けコラム】変われる勇気
菊池雄星の「変わらない信念と変われる勇気」という言葉を思い出した出来事があったので記事にしてみました。

ですが、残念ながら本日現在でこちらのA氏は相変わらず「奴隷募集」のツイートを毎日発信し続けています
つまり、本日の時点でも「パートナーを作れず、毎日募集し続けている」ということです。

そんなA氏にこの『チーズはどこへ消えた』を読んで欲しいと思っています。

あらすじ

迷路の中で暮らすネズミのスニッフとスカリー、そして小人のヘムとホー。
彼らは迷路の中の一室にあるチーズを毎日食べて生きていました。

ある日、迷路の中のチーズが無くなっていました。
ネズミのスニッフとスカリーは「チーズが無くなった」という現実を受け止め、即座にチーズを探しに行きます。
ネズミたちは知恵があるわけではないので、悩むこともなくすぐに行動に移します

ですが、知恵のある小人のヘムとホーは「チーズが無くなった」という現実を受け入れることができません。
「なせチーズがなくなったのか」
「これからどうすればいいのか」
「誰がチーズを持ち去ったのか」
「なぜこんな酷い仕打ちを受けなければいけないのか」
そんな風に小人たちは思い悩み、嘆き悲しみ続けます。

そんな中で、小人のホーはチーズを探しに行こうと提案します。
ですが、小人のヘムは…
「ここにいればまたチーズが現れるかもしれない」
「迷路の外に出たら危険がたくさんあるかもしれない」
と言ってチーズを探しに行くことを断固拒否します。

やむなく、ホーは独りでチーズを探す旅に出ることにします。
ホーは葛藤し、自問自答を繰り返しながら、最後には新しいチーズを見つけ出します。
そこにはネズミのスニッフとスカリーもいました。

そこにチーズはありません

さて、このお話をA氏とのやり取りに当て嵌めてみましょう。

A氏は毎日のように「奴隷募集」のツイートをしていますが、結局相手を見つけることはできません。
つまり「チーズのない部屋でチーズが現れるのを待ち続けるヘム」の状態なのです。
どれだけ待ち続けたとしても、そこにチーズはありません

何人かの女性(多分、業者のような釣りアカウント)が現れるかもしれませんが、そこに実際に逢える女性はいないと経験上判っているはずです。
判っているからこそ、私に対して「どうすればいいか教えて欲しい」と問い合わせしてきたのだと思います。
ですが、ヘムと同じように頑なに変化することを拒んでいます。

実際にホーのように「チーズが欲しいならチーズを探しに行く」という風に自分自身を変える必要があるのです。
つまり、現状の結果が出ない方法に見切りをつけて、別の結果につながる可能性がある手法に変える必要があるのです。

結果を出すためにはA氏自身が変わるしかないのです。

最初に利益を得たのは誰

次に大切なことは「素早く行動する」ということです。

この本でも、最初に新しいチーズを発見して、最初に満腹感を得られたのはネズミたちです。
つまり「あれこれと余計なことを思案して時間を浪費するより、サッサと探しに行く」ことの方が結果に繋がりやすいのです。
同様に、現状の「パートナーが見つからない手法」に固執して時間を浪費するより、サッサと「新しい可能性が高い手法」に挑戦する方が得策なのです。

以前、「新たな主従にお祝い申し上げます」の記事でも書きましたが、ノウハウコレクターのように理論ばかり集めて実践せず結果が出ない人がいます。

S男性向けコラム
【S男性向けコラム】新たな主従にお祝い申し上げます
「M嬢奴隷の作り方」を購入して下さった男性から「新しくパートナーができました」という連絡をいただいた時の記事です。

ビジネスでも恋愛でもネット上の出逢いでも、
「何も考えず行動する方が先行者利益を得られる」
「計画を入念に練って時間を掛けて、ライバルに先を越される」
「愚直に行動することで結果を出せる」

ということの方が多いのです。
まさに「先んずれば即ち人を制し、遅れれば即ち人の制するところとなる」なのです。

この本でのネズミたちはその名の通り「危機をスニッフ(sniff=嗅ぎつける)」「行動をスカリー(scurry=急ぐ)」という反応を示したのです。
それによって「別のチーズを見つける」という利益を最初に得ることが出来たのです。

これをA氏に当て嵌めて考えるなら…
「現状では成果が出ないことを嗅ぎ取り、別の手法へ急いで切り替える」
という行動が望ましいのです。
そうすれば、A氏もネズミたちのように「新しいチーズ」である「M女性との出逢い」という結果を得られたのではないかと考えます。

まとめ

先日、A氏というS男性から「どうすればパートナーが作れますか?」というお問い合わせをいただきました。
私はA氏に「M女性と出逢うための具体的な方法」を送り、現状の「奴隷募集」の手法を変えることをお勧めしました。
ですが、A氏は頑なに「奴隷募集」という手法を変えることなく、毎日のように続けています。
つまり、「まだパートナーが見つからず、毎日募集を続けている」状態となっています。

そんなA氏にこの『チーズはどこへ消えた』を読んで欲しいと思っています。

その上で、以下の2点を認識して欲しいと思っています。
・現状で相手ができないと判っているなら、変われる勇気を持って手法を変えてみる。
・あれこれ考えるよりも、素早く行動した方が成功して利益を得られる可能性が高い。

A氏の今後の健闘を祈るとともに、読者諸兄にも変われる勇気素早い行動をお勧めします。

私もたくさんの男性がM女性とお付き合いして欲しいと考えています。
そのために「M嬢奴隷の作り方」などの情報発信もしています。

M嬢奴隷の作り方



私がM女性を「これまでどのように口説き隷属化させてきたか」を詳しく解説しています。
出逢いを求め得るS男性向けの実践法です。

諸兄もご興味がありましたら、ぜひ『チーズはどこへ消えた』をご一読下さい。


-S男性向け記事
-, , , , , , , , , ,

Copyright© M嬢奴隷調教 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.