S男性向け記事

メンタルを鍛えよう!

投稿日:2021年7月28日 更新日:

東京オリンピックが開幕して、各種目で毎日熱戦が繰り広げられていますね。
アスリートのみなさんが全力を出し切って戦う姿は感動的です。
連日の日本選手の活躍を観ながら、胸を熱くしているオッサンです。

そんな中で、今日こんな記事を見掛けました。

混合ダブルス優勝の水谷隼 DMで届く暴言の数々にも「免疫ありすぎる俺の心には1ミリもダメージない」

さすがの金メダリストの発言ですね。
数々の誹謗中傷や罵詈雑言にも大人の対応をしています。
この強いメンタルがあってこその勝利だったと思います。
実力もさることながら、こうした人格者然とした態度にも金メダリストとしての威厳を感じます。

今回のこの記事と水谷選手のこのツイートは「メンタルを鍛えるお手本」だと感じました。
水谷選手のこうした発信にあやかって、私も今日は思うところを記事にしてみたいと思います。

心無い人々

学校や職場のような現実の世界でも、ネットのようなヴァーチャルな空間でも、そこに人間が存在する限り一定数の心無い人はいます
これは仕方のないことだと考えています。

私もこうした裏アカウントでエロ活動していると、数々の心無い罵詈雑言を浴びせられます。
もうここには書けないような、それはそれば言語に絶するような誹謗中傷もあります。
こうした匿名性の高いネット上で、更に秘匿性が高い裏アカウントだからこそ、更に酷い言葉を浴びせられることになります。

ですので、こうしたどこの世界にも心無い人は必ず一定数は存在するので仕方ないということを前提条件として考えるようにしています。
諸兄もパートナー探しの活動をしていると、こうした心無い人から誹謗中傷や罵詈雑言を浴びるかもしれません。
それも仕方ない事と諦めることをお勧めします。

弱肉強食

今回の水谷選手の記事で思ったことは「最終的にメンタルの強い人が勝つ」ということです。
接戦になったときにメンタルが崩れミスを犯すと失点に繋がります。
また、強いメンタルで平常心を保てば実力を発揮できますし、それによって幸運を引き寄せることにも繋がると感じられました。

これはスポーツの世界だけでなく、一般社会でも同じことが言えると考えています。
往々にして、打たれ強くへこたれない人の方がずうずうしく生き残っていけるのです。
逆に、繊細で優しい人の方が無理難題を押し付けられて壊れていくことが多いと感じています。

これを恋愛やSMのパートナー探しに当て嵌めるなら…
「年甲斐も考えずずうずうしく若い女性にアプローチするオッサンの方が女性をGETできる」
なんていう現象が生じてしまうのです。
仕事では優しくて繊細で真面目な人ほど、ずうずうしい上司や同僚に仕事を押し付けられて損をしたり心を病んだりします。
恋愛では、女性に気遣いや遠慮している男性は、存在すら忘れられてしまうことも多々あります。

水谷選手のように、他国のファンから誹謗中傷や罵詈雑言を浴びても、それでも勝つという目的意識を強く持っていれば初志貫徹できるのです。
同様に、私も誹謗中傷や罵詈雑言を浴びたり馬鹿にされ笑い者にされることもあります。
それでもメンタルを強くもって女性にアプローチする方がパートナーをGETできるのが現実です。

このように、最終的に目的を達成できるかどうかは「メンタルの弱肉強食」だと感じています。
周囲から何を言われても初志貫徹できるメンタルの強さを持って行動することが、自分の目的達成につながります。
それが水谷選手の場合は金メダルにつながりました。
私の場合は数多の女性のパートナーを得ることに繋がりました。

諸兄もパートナーの女性をGETしようとお考えなら、ずうずうしいと思われてもメゲず挫けず、メンタルを強くもって活動を続けて下さい。

慣れる

水谷選手の場合、世界で活躍しています。
それだけ対戦相手も多いですし、対戦相手が多ければ多いほど、その対戦相手を応援する人も多くなります。
そうすれば必然的に対戦相手を応援するアンチ水谷が増えることになるでしょう。
そうしたアンチ水谷から日常的にこうした誹謗中傷や罵詈雑言を浴びせられていたのかもしれません。

これに対して水谷選手は「免疫がありすぎる」という表現をしています。
こうしたアンチの行動に日常的に晒されることで慣れてしまったということでしょう。

こうして水谷選手はメンタルが鍛えられて、大舞台でも平常心を保てるようになったのかもしれませんね。

諸兄もパートナー探しの活動をしていると心無い人から誹謗中傷や罵詈雑言を受けるかもしれません。
そんな時は「これで少し慣れてまたメンタルが強くなった」と思うようにしてはいかがでしょうか。

対処法

私も好き好んで炎上させようとしているわけではありません。
ですので、あまりトラブルにならないように心掛けている対処法を書いてみようと思います。

【無視して受け流す】
ネット上での炎上に対する一番効果的な方法は「無視」と言われます。
悪意を持って絡んでくる人の目的は「相手をしてもらうこと」なので、応対すると喜ばれて更に炎上を煽ってきます。
ですので、最も効果的な方法として「無視する」ことを心掛けています。

なお、争いごとに巻き込まれないために、私は「中立のための要件3点」を心掛けています。

M嬢奴隷の作り方
【M嬢奴隷の作り方】中立のための要件3点
【単独DL購入(¥200)】中立のための要件3点
狭いネット上のSM界隈でトラブルに巻き込まれないための注意点について書いた記事です。

【同じレベルに落ちない】
「好意」の対義語は「無関心」と言われます。
虐待でももっとも精神的ダメージが大きいのはネグレクトだと言われます。
それほどまでに「無関心・無視」という行為は精神的なダメージが大きいので、上項の通り「無視」が最も効果的なのです。

これを逆に考えると、悪意をもって粘着質に絡んでくる人は「好意の裏返し」だと言えるのです。
それほどまでに「相手をして欲しい」と渇望している人なのです。
それが「対人関係を円滑に築く能力がない」というだけなのです。

感心を引くために、必死で汚い言葉や罵声を飛ばして…
「どうにかして相手をして欲しい」
「何とかこちらに気持ちを向けて欲しい」
と必死にアピールしているとても惨めで憐憫の情を感じる人なのです。

諸兄がそんな「コミュニケーション障害の人」と同等に堕ちる必要はありませんよね。
人としての誇りを失わず毅然とした態度で臨むことが望ましいでしょう。

【ポジティブに返す】
心理学的に言う「リフレーミング」ですね。
水谷選手は誹謗中傷や罵詈雑言を送ってくる人たちに対して…
「それだけ世界中を熱くさせたかと思うと嬉しいよ」
と発信しています。

ネガティブな発信を受けたらポジティブに返す。
そうすることで、相手もそれ以上悪意をぶつけることはしづらくなります。
更に、周囲にはポジティブで好意的な人が集まってきます。
そういうポジティブで幸せを感じられる人たちとコミュニティを作って楽しく過ごす方が何倍も時間を有意義に使えると感じています。

まとめ

今日、 こんな記事 を読みました。
どんな世界にも心無い発言をする人は一定数います。
裏アカウントで女性との出逢いを求める活動をしていると、そういう心無い人から誹謗中傷や罵詈雑言を浴びることがあります。
こうした妨害にもめげず挫けず目標達成するためにはメンタルを鍛える必要があります。

今回のこの記事と水谷選手のこのツイートは「メンタルを鍛えるお手本」だと感じました。
メンタルを鍛えることによって、パートナー探しがより良い結果に繋がると感じられました。

スポーツの世界だけでなく、仕事も恋愛も「メンタルの強い人が勝つ」という弱肉強食の世界です。
男性がパートナーの女性をGETするなら、ずうずうしいと思われてもメゲず挫けず、メンタルを強くもって活動を続ける必要があります。

そして、水谷選手が「免疫がありすぎる」と表現したように、 アンチの行動に日常的に晒されることで慣れます
諸兄も誹謗中傷や罵詈雑言を受けた時は「これで少し慣れてまたメンタルが強くなった」と思うようにしましょう。

こうしたアンチの誹謗中傷や罵詈雑言に対する対処法は以下の3点です。
・無視して受け流す
・同じレベルに落ちない
・ポジティブに返す

諸兄も水谷選手の応対をご参考に、メンタルを鍛えてパートナー探しに邁進しましょう。
強いメンタルを持って目標達成を目指していけば、きっと素敵なお相手に出逢えると思います。

私もたくさんの男性がM女性とお付き合いして欲しいと考えています。
そのために「M嬢奴隷の作り方」などの情報発信もしています。

M嬢奴隷の作り方



私がM女性を「これまでどのように口説き隷属化させてきたか」を詳しく解説しています。
出逢いを求め得るS男性向けの実践法です。

今回の記事が少しでもS男性諸兄の出逢いのお役に立てましたら幸いです。

-S男性向け記事
-, , , , , , , , ,

Copyright© M嬢奴隷調教 , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.